緑茶や健康茶と青汁との違い

日本では緑茶や健康茶の消費量が多い傾向にありますが、緑茶に含まれるカテキン成分などは健康によいといわれています。
この茶カテキン成分を含む特定保健食品なども販売されており、体脂肪を燃焼するのに一定の効果が期待されています。
最近では「体脂肪が気になる方に」などの機能表示を許可された商品も出てきていますが、健康的な飲み物として注目されていたりもしているのです。

一方、青汁の方はというと、緑茶や健康茶とはまた違った種類のものであり、一般的には野菜ジュースなどの健康食品に属するものです。
ただ、清涼飲料水の野菜ジュースと比較すると、原材料に栄養価が高いものが利用されており、一般的にはあまり目にすることのない、ケールや大麦若葉などを主原料として利用されている傾向があります。

お茶といった場合、お湯を注いで抽出するという方法がとられますが、ジュースの場合は野菜を搾るという方法がとられることになります。
ですので、青汁は野菜不足を補う方法として人気が高く、また、製法によってはビタミンや食物繊維なども多く含んだまま飲むことができるのです。
日本での販売量も比較的多く、人気の健康食品として国民に親しまれています。

関連:

味については好みもあるので、実際に飲んでみないとわかりませんが、一般的に大麦若葉の青汁は飲みやすいとされています。さまざまな健康食品会社から青汁の商品が販売されていますが、おいしさや原料、あるいは1杯あたりの単価などに各社の特徴があります。
http://aojiru-hikaku.net/article/24524987.html